スポットライトって素敵!

秋、今年もこの季節!!

縁あって毎年、火歌謡教室のチャリティーコンサートに出演させて頂いています。

 

有難いことに、令和元年の今年、11年目の出演となります。

今年は学生時代の仲間5人でアコースティックバンドとして2曲を演奏しました。

 

この場に聴きに来て下さった皆様や毎年お声をかけて下さる運営の皆様の為、

毎年、選曲に悩みまくります。

今年も悩みに悩み、決めた曲は、

あいみょんさんの「マリーゴールド」と美空ひばりさんの「愛燦燦」です。

 

マリーゴールドは5人で歌ってコーラスを入れて楽しく練習して完成!

しかし、強敵は愛燦燦でした・・・。

実はこの曲、音程や抑揚が鬼の様に難しく、「人生って不思議なものですね~♪」が特に難しいのです。

あなたは上手く歌えますか? 是非カラオケなどで挑戦してみてください。

 

何はともあれ、お客様はもちろんのこと音響さんや照明さんがいる素敵なホールです。

綺麗な音響で眩しいくらいのライトを浴びて、歌うのは本当に気持ち良い!!(※ただしめっちゃくちゃ暑い)

 

自分がステージに立つ楽しみははもちろんのこと、他の出演者の方々の歌を聴くのも刺激になります。

このステージに立つのはほどんどの方が50代以上。

いくつになってもピシッと着物を着こなしたり、キラキラしたドレスを身にまとい堂々と歌う方々です。

自分も好きなことに全力で挑める人であり続けたいと毎年思います。

無限の可能性!HTML5について

最近は突然の雨でびしょ濡れになったり、
洗濯物がダメになったりが続いていて困っております。
皆様いかがお過ごしでしょうか。困るわ。

無限の可能性を持つ「HTML5」について

さて、HTML5という言葉を聞いたことがある方もいらっしゃるかと思いますが、
「HTML4とは何がちがうの?」「何ができるの?」「そもそもHTMLって何よ?」
そうですね、よくわかりませんね。

HTMLとは

HTMLとは、「Hyper Text Markup Language」の略で、
例えばテキストに色を付けたり、大きさを変えたり、時には動かしてみたりと、
テキストに様々な効果を付与して、ブラウザを通して表示する仕組みのことです。

Webサイト作りの基礎ですね。

HTML5は何ができるようになったのか

HTML5の大部分は、「これまで複雑な記述をしていたものを簡略化する」というもので、
主に製作者側の作業効率を上げるための進化ではあります。

とはいえ、この進化により、これまで複雑なプログラミングを行う必要があったものでも、
短い時間で構築することができたり、HTML5だからこそ出来る表現もあるかと思います。

特に、Adobeが2020年にFlashを廃止することを発表し、
それに取って代わる土台としてHTML5が利用されており、
Flashプレイヤーがインストールされていないブラウザでも
アニメーションや、リッチコンテンツを利用することができるようになりました。

過去のFlashコンテンツをHTML5に変換する
https://qiita.com/hikipuro/items/498b3cb5946f9a643104

まとめ

  • HTML5を使用してWebサイトを作れば、コーディングの作業効率が上がる!
  • 複雑な動作を含むサイト制作や、アプリケーション開発ができるようになった!
  • もうすぐ終わる(もう終わってる)FlashアニメーションをHTML5に変換して再利用できる!

大雑把にまとめるとこのような感じ。
そろそろIE8ユーザーもほとんど居なくなったかな?と思うので、
今後はHTML5によるコーディングに移行していく予定です。

次回は「SVG」について書きます。

ものづくり体験 パート①

こんにちは!最近ものづくりにはまっています!

だいぶ前になりますが、ハーバリウムをつくりました。

 

ドライフラワーを瓶に詰めてオイルを入れるのですが、オイルを入れる前後や光の加減、また日が経っていくにつれて印象が変わっていきます・・・きらきらしてとてもきれいです。おうちのインテリアが増えました(*^^*)

 

今回は癒し効果、夏も近いということでブルーを基調としてアクセントでライムを入れました。

完成物で、性格が顕著に現れるのも面白いなと思いました。

感性も磨かれていくといいなと思う日々です。

豊田市美術館へ行ってきました

豊田市美術館は、建築家の谷口吉生さんが設計されました。とても素敵な空間で好きな美術館です。

画像にもありますが、壁に著名人の名前があります。実は今回初めて知りました。(汗)

リニューアルオープンの企画として、「世界を開くのは誰だ?」と題したコレクション展でした。

全体的な感想としては、とてもメッセージ性の強い展覧会だなという印象でした。

噛み砕いていうと、難しかったです。

「芸術」とは、芸術家が絵画や物体、空間など使用して表現することですが、それを観て、「これは何を意味しているんだろう?」と考えたり、「きっとこういうことが言いたいんだ」と自分なりに解釈したり、それでもわからないから観に行っても…と思う人は多いと思います。

今回私は主人と行きましたが、足を止めたり、いいなと思ったりする作品は微妙に違ったりしました。

誰かと見にいくと、それを顕著に感じます。それも面白いし、それでいいんだろうなと思います。

「わからないけど、なんかこれ好き。」

それでいいんだと。

日常のストレス、悩みがある時、それを考えないようにさせてくれる、非日常的な空間。

やっぱり美術館っていいなと思わせてくれた展覧会と空間でした。

7月23日から、「クリムト展」が開催されます。

とても楽しみです。

 

 

 

壁紙専門店に行ってきました!

今回、ブログ担当の水谷です!

大阪にある壁紙専門店に行ってきました!

元々、こういったインテリア雑貨は好きで、色々見に行ったりするんですが

ここは、壁紙のみに特化したお店です。海外、国内などを中心としたデザイナーが

書いた作品やヴェルサーチ、エトロなどの多数のブランドを壁紙して販売をしてます。

独特なデザインが多く、デザインによっては

金額もかなり違ったりします。ほんと、見ててあきないものばかりで

知らない間に2時間以上見てました(笑)

その中でも、パイソン柄が気にいり、購入してしました!

こういった、海外のデザインのも触れることができ、仕事のデザインにも通じるところがあり、

勉強にもなりました。興味がある方は非常に楽しいところですよ!

早速の私のパソコンに貼ってみました!

■WALPA
https://walpa.jp/